逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
盗撮事件で逮捕されたらATOM

盗撮で警察沙汰になった時

何をどうすればいい? 逮捕されたらどうなる?
刑務所行きになってしまう? 被害者と示談できないか?
bengoshi_p1

じめまして。アトム法律事務所の代表弁護士の岡野武志と申します。このページをご覧の方は、何らかの形で盗撮事件に関与してしまってお困りの方だと思います。慣れないトラブル、警察沙汰で困惑されていると思いますが、もう大丈夫です

盗撮事件で警察沙汰になっても、被害者と示談が成立すれば、不起訴処分になる可能性が高いです。初犯の盗撮事件であれば、かなりの確率で不起訴処分になります。そして、不起訴処分で事件が終われば、もし盗撮事件で逮捕されていたとしても、前科がつかないので安心です。

前科がつかないことは、その後の社会生活に大きな影響を及ぼします。前科がつかなかったことで、就職や結婚で心配しなくて済むのは大きなメリットといえます。初犯の盗撮事件であれば、刑罰自体は30万円前後の罰金刑で済むケースが多いです。しかし、本当の制裁は、盗撮の前科がついた状態でその後の人生を過ごすことなのです。

また、盗撮で逮捕中のケースなどでは、弁護士がつき弁護活動を尽くすことで、留置場からすぐ釈放されることがあります。逮捕には厳格な時間制限があり、逮捕に引き続き勾留が認められなければ、留置場にそれ以上、身柄を留めおくことはできないからです。留置場から釈放されれば、その後は仕事や学校にいつもどおり行けるので安心です。

以上のとおり、盗撮事件で警察沙汰になっても、事件に応じた形で解決することが可能です。大切なのは、途中で諦めてしまわず、最後までしっかりと対応することです。専門家に相談することで道が開けるケースもたくさんあります。まずはお気軽にご相談ください。

盗撮事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

お問い合わせは今すぐお電話で

無料相談をご希望の方は、まずは「LINEで弁護士に無料相談」のサービスをご利用ください。ご家族が盗撮事件等で逮捕されている場合は、事務所でも無料相談を受けることができます。弁護士との対面相談に関する相談予約やその他のお問い合せは、0120-631-276までお電話ください。24時間体制で、専属のスタッフから直接案内を受けることができます。

来所相談で弁護士費用のお見積り

弁護士との対面相談は、日本各地にあるアトムの支部事務所で開催しています。来所相談は完全個室の相談室で行うため、プライバシー等の観点からも安心です。個人情報が外部に漏れることはないため、安心してご来所ください。相談時に弁護士に事件の状況を伝えれば、具体的なアドバイスや解決方法の提案を受けることができます。実際に弁護活動や示談交渉を依頼したい場合は、その旨を弁護士に伝えてください。契約の前にお見積りを確認することが可能なので安心です。

契約締結で弁護活動がすぐスタート

弁護士への弁護活動の依頼は、弁護士費用や活動内容が書かれた契約書にサインをするだけで完了します。ご依頼後は、弁護士が直ちに活動に着手するので、後は弁護士に任せておけば大丈夫です。被害者に対する謝罪や示談金の交渉などについても、弁護士が直接行うので、ご依頼者にストレスがかかることはありません。示談が成立した後は、弁護士が検察官に対して、今回の事件を不起訴処分とするように申し入れます。不起訴処分になった後は、不起訴処分告知書を入手して弁護活動が終了します。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

盗撮行為で警察沙汰になった時

何をどうすればいい? 逮捕されたらどうなる?
刑務所行きになってしまう? 被害者と示談できないか?
bengoshi_p1

じめまして。アトム法律事務所の代表弁護士の岡野武志と申します。このページをご覧の方は、何らかの形で盗撮事件に関与してしまってお困りの方だと思います。慣れないトラブル、警察沙汰で困惑されていると思いますが、もう大丈夫です

盗撮事件で警察沙汰になっても、被害者と示談が成立すれば、不起訴処分になる可能性が高いです。初犯の盗撮事件であれば、かなりの確率で不起訴処分になります。そして、不起訴処分で事件が終われば、もし盗撮事件で逮捕されていたとしても、前科がつかないので安心です。

前科がつかないことは、その後の社会生活に大きな影響を及ぼします。前科がつかなかったことで、就職や結婚で心配しなくて済むのは大きなメリットといえます。初犯の盗撮事件であれば、刑罰自体は30万円前後の罰金刑で済むケースが多いです。しかし、本当の制裁は、盗撮の前科がついた状態でその後の人生を過ごすことなのです。

また、盗撮で逮捕中のケースなどでは、弁護士がつき弁護活動を尽くすことで、留置場からすぐ釈放されることがあります。逮捕には厳格な時間制限があり、逮捕に引き続き勾留が認められなければ、留置場にそれ以上、身柄を留めおくことはできないからです。留置場から釈放されれば、その後は仕事や学校にいつもどおり行けるので安心です。

以上のとおり、盗撮事件で警察沙汰になっても、事件に応じた形で解決することが可能です。大切なのは、途中で諦めてしまわず、最後までしっかりと対応することです。専門家に相談することで道が開けるケースもたくさんあります。まずはお気軽にご相談ください。

盗撮事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

お問い合わせは今すぐお電話で

無料相談をご希望の方は、まずは「LINEで弁護士に無料相談」のサービスをご利用ください。ご家族が盗撮事件等で逮捕されている場合は、事務所でも無料相談を受けることができます。弁護士との対面相談に関する相談予約やその他のお問い合せは、0120-631-276までお電話ください。24時間体制で、専属のスタッフから直接案内を受けることができます。

来所相談で弁護士費用のお見積り

弁護士との対面相談は、日本各地にあるアトムの支部事務所で開催しています。来所相談は完全個室の相談室で行うため、プライバシー等の観点からも安心です。個人情報が外部に漏れることはないため、安心してご来所ください。相談時に弁護士に事件の状況を伝えれば、具体的なアドバイスや解決方法の提案を受けることができます。実際に弁護活動や示談交渉を依頼したい場合は、その旨を弁護士に伝えてください。契約の前にお見積りを確認することが可能なので安心です。

契約締結で弁護活動がすぐスタート

弁護士への弁護活動の依頼は、弁護士費用や活動内容が書かれた契約書にサインをするだけで完了します。ご依頼後は、弁護士が直ちに活動に着手するので、後は弁護士に任せておけば大丈夫です。被害者に対する謝罪や示談金の交渉などについても、弁護士が直接行うので、ご依頼者にストレスがかかることはありません。示談が成立した後は、弁護士が検察官に対して、今回の事件を不起訴処分とするように申し入れます。不起訴処分になった後は、不起訴処分告知書を入手して弁護活動が終了します。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

twitter-timeline

Copyright © Takeshi Okano All Rights Reserved.