逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
  • HOME »
  • 盗撮事件/釈放・保釈 アトムで解決

盗撮事件/釈放・保釈 アトムで解決


盗撮事件で逮捕されても、留置場から釈放される場合があります。

不起訴にしてほしい。前科をつけたくない

盗撮事件で逮捕された場合でも、留置場から釈放される場合があります。
具体的には下記のような場合です。

逮捕されても釈放される場合があります。

逮捕は最長72時間続きますが、犯人と疑う理由や逮捕の必要性がないと判断された場合には、釈放される可能性があります。

逮捕されても、勾留されずに釈放される場合があります。

弁護活動によって、逮捕に続く勾留が決定されることを阻止できる場合があります。

勾留されても、途中で釈放される場合があります。

勾留が決定された場合でも、準抗告という不服申し立てが認められれば、釈放されることができます。

起訴されても、保釈で釈放される場合があります。

検察官によって事件が起訴され、刑事裁判を受けることになった場合でも、弁護側が請求した保釈が認められれば、保釈金を納付して直ちに留置場から釈放されます

ご依頼者様が釈放されたアトムの活動の一例

逮捕後の弁護活動で留置場から釈放されたケース(286号事件)

【事件の概要】

ご依頼者様(大学生、20代男性、前科なし)が、月曜日の夜、他人の部屋の中をのぞき見る目的で、被害者のマンションのベランダに侵入したという住居侵入の容疑で逮捕された事件。

【解説】

逮捕された後に事件を受任。弁護活動により被害者と示談が成立したため、ご依頼者様は留置場から釈放され、事件は不起訴で終了した。

逮捕後の弁護活動で留置場から釈放されたケース(237号事件)

【事件の概要】

ご依頼者様(大学生、20代男性、前科なし)が、土曜日の夜、女性が用を足す姿をのぞき見る目的で、雑居ビル3階の女子専用トイレに侵入したという建造物侵入の容疑で逮捕された事件。

【解説】

逮捕された後に事件を受任。弁護活動により被害者から許しの意向を示した嘆願書を取得したため、ご依頼者様は留置場から釈放され、事件は不起訴で終了した。

逮捕後の弁護活動で留置場から釈放されたケース(145号事件)

【事件の概要】

ご依頼者様(美容師、20代男性、前科なし)が、土曜日の未明、他人の部屋を盗聴する目的で、被害者のマンションのベランダに侵入したとうい住居侵入の容疑で逮捕された事件。

【解説】

逮捕された後に事件を受任。弁護活動により被害者と示談が成立したため、ご依頼者様は留置場から釈放され、事件は不起訴で終了した。

私達アトム法律事務所には、盗撮事件で逮捕されても、ご依頼者様の身柄を早期に釈放してきた多くの実績があります。盗撮の容疑で逮捕された場合は、無実の場合はできるだけ早く真実を明らかにして釈放されることが、真実盗撮行為をしてしまったのであれば、被害者の方への対応を含めた対応を早急に行う必要があります。
アトム法律事務所の弁護士は、多くの刑事弁護活動の実績をもとに、ご依頼者様の事情に応じた適切な対応によって、早期の身柄解放を求めて活動します。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

盗撮事件のよくある相談

盗撮事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

お問い合わせは今すぐお電話で

無料相談をご希望の方は、まずは「LINEで弁護士に無料相談」のサービスをご利用ください。ご家族が盗撮事件等で逮捕されている場合は、事務所でも無料相談を受けることができます。弁護士との対面相談に関する相談予約やその他のお問い合せは、0120-631-276までお電話ください。24時間体制で、専属のスタッフから直接案内を受けることができます。

来所相談で弁護士費用のお見積り

弁護士との対面相談は、日本各地にあるアトムの支部事務所で開催しています。来所相談は完全個室の相談室で行うため、プライバシー等の観点からも安心です。個人情報が外部に漏れることはないため、安心してご来所ください。相談時に弁護士に事件の状況を伝えれば、具体的なアドバイスや解決方法の提案を受けることができます。実際に弁護活動や示談交渉を依頼したい場合は、その旨を弁護士に伝えてください。契約の前にお見積りを確認することが可能なので安心です。

契約締結で弁護活動がすぐスタート

弁護士への弁護活動の依頼は、弁護士費用や活動内容が書かれた契約書にサインをするだけで完了します。ご依頼後は、弁護士が直ちに活動に着手するので、後は弁護士に任せておけば大丈夫です。被害者に対する謝罪や示談金の交渉などについても、弁護士が直接行うので、ご依頼者にストレスがかかることはありません。示談が成立した後は、弁護士が検察官に対して、今回の事件を不起訴処分とするように申し入れます。不起訴処分になった後は、不起訴処分告知書を入手して弁護活動が終了します。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

盗撮事件のよくある相談

盗撮事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

お問い合わせは今すぐお電話で

無料相談をご希望の方は、まずは「LINEで弁護士に無料相談」のサービスをご利用ください。ご家族が盗撮事件等で逮捕されている場合は、事務所でも無料相談を受けることができます。弁護士との対面相談に関する相談予約やその他のお問い合せは、0120-631-276までお電話ください。24時間体制で、専属のスタッフから直接案内を受けることができます。

来所相談で弁護士費用のお見積り

弁護士との対面相談は、日本各地にあるアトムの支部事務所で開催しています。来所相談は完全個室の相談室で行うため、プライバシー等の観点からも安心です。個人情報が外部に漏れることはないため、安心してご来所ください。相談時に弁護士に事件の状況を伝えれば、具体的なアドバイスや解決方法の提案を受けることができます。実際に弁護活動や示談交渉を依頼したい場合は、その旨を弁護士に伝えてください。契約の前にお見積りを確認することが可能なので安心です。

契約締結で弁護活動がすぐスタート

弁護士への弁護活動の依頼は、弁護士費用や活動内容が書かれた契約書にサインをするだけで完了します。ご依頼後は、弁護士が直ちに活動に着手するので、後は弁護士に任せておけば大丈夫です。被害者に対する謝罪や示談金の交渉などについても、弁護士が直接行うので、ご依頼者にストレスがかかることはありません。示談が成立した後は、弁護士が検察官に対して、今回の事件を不起訴処分とするように申し入れます。不起訴処分になった後は、不起訴処分告知書を入手して弁護活動が終了します。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。